HOMEHOME

株価の下落について

株価の下落について

2018年10月現在はかなり激しい暴落が続いているものの、やることは積み立て投資のスポット買い以外には無いと考えている。

個別の株を購入したり変なスケベ心を起こさずに投資信託の買い付けに集中すれば乗り切れるだろうと確信している。

敵は自分の中にいる

敵は自分の中にいて、自分の心が最大の敵だと思う。

失敗する時は余計なことをした時で、そこで終わっておけばいいのにまた買いに走ったり、余計な手を打つことでダメージを食うことが多い。

詰めが甘く、勝って終わることができないのが目下の課題だ。

気分良く終われない

勝って兜の緒を締めよということわざがあるけど、それができる人は本当にすごい人だと思われる。私は今のところそれができていない。勝つと浮かれてしまう。

そういった誰もが陥る心のクセを認識しているので個別株を大量に買ったりせず、投資信託の買い付けだけに留めているのが現在の状況だ。

大暴落は新富裕層を産む

大暴落は新富裕層を産む。これから世界の株価がどこまで落ちていくかを注視して、新富裕層になるチャンスを伺うといいかもしれない。

大体において世界の終わりだとか悲観や嘆きの声が満ち溢れてきたら、買い出動するタイミングを図るのがいい。

また自分の周りで信用取引がロスカットされたり追証を払ったりという話が頻繁に出るようになってきたら出動時期かもしれない。若い人にはこの暴落が長引けばチャンスになるだろう。