HOMEHOME


寄付(きふ)はしたほうがいいの?

寄付はしたほうがいいとおもうよ。
なぜかというと、お金にすかれるひとはみんな

寄付をしているからなんだ。

むりのない範囲(はんい)で寄付する

かねもちになってから寄付をするんじゃなくて
寄付をするからかねもちになっているんだよ。

お金に余裕ができたから寄付するという考え方じゃないんだ。

寄付をするひとは勇気(ゆうき)がある

寄付をするひとは他人(たにん)のためにお金を使っている人。

人によろこばれることをする人はかならずおかねもちになる。

だれにも知(し)られずだまって寄付しよう

いいことをしたらだまっていよう。だれにもしられないで

いいことをしよう。これを陰徳(いんとく)といって
いいことが子や孫(こやまご)の代(だい)までつづくよ。

寄付は小額(しょうがく)から

寄付は毎月(まいつき)小額から寄付しよう。

臨時収入(りんじしゅうにゅう)があったら少しおおめに
寄付しよう。じぶんの力(ちから)だけでお金を手(て)にしたわけ
じゃないんだ。感謝(かんしゃ)のきもちを寄付でかえそう。

投資で勝ち続ける人

投資で勝ち続けている人は、勝った時に少し寄付する。
自分の力ではなく天運で勝っていると理解している。
だから勝ちが続いている。

勝ったのは自分の力だと過信しているといつか金運が尽きる時が来る。